« ふるさと夏まつり | トップページ | 船橋オート廃止 »

歴史は鑑なり

初めて選挙に出るときにとてもお世話になった方が、この春、亡くなられました。

★三訓五戒(H26.5.7ブログ)

故人を偲ぶ有志の会が東京で開催されたので参加してきました。

台風の影響で来ることができなかったメンバーもいましたが、全国から十数人が集まり、故人をしのぶとともに、志を新たにしてきました。

故人が最後に記した言葉を二つ。

「身の死するを恨まず ただただ心の死するを恨む」

これは大塩平八郎の言葉だそうです。「死んでも志を失うな」ということでしょうが、故人もまさに身を以て実践された方でした。

最近の風潮、「身を惜しみ、志をおろそかにする人が増えてきた」の反面教師といえます。

「咲いて散るのが桜の花で 散りて咲くのが人の華」

出典は不明です。武士道のような気もしますが、故人の志は多くの地方政治家の心に息づいています。

帰路、故人の最後の著作となった「歴史は鑑なり」をいただきました。

今は “乱世”。 だからこそ歴史に学ぶことが大切です。

|
|

« ふるさと夏まつり | トップページ | 船橋オート廃止 »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/60160040

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史は鑑なり:

« ふるさと夏まつり | トップページ | 船橋オート廃止 »