« メルマガ9月号 | トップページ | ひと月遅れのhappy MOMday »

首長と教育委員会

川勝知事が学力テストの結果を一部公表しました。

★静岡県のサイト

川勝知事は「文科省は知事の了承を得ず都道府県の結果を公表している」、校長名の公表は「先生方の努力をたたえたい」などとしています。

一方、文科省は「ルール違反」と指摘し、静岡県の安倍教育長は「判断の主体は市町教育委員会であり、残念な結果」などとコメントしています。

マスコミ記事は、「川勝平太」あるいは「学力テスト 静岡」などと検索するとたくさん出てきますので、ご確認いただければと思います。

この件についてはさまざまな意見や考え方があります。

義務教育に対する理念やあり方は100人いれば100通りあるとも言われますので、その点は仕方ないことだと思います。

公表は「良い面」と「悪い面」を併せ持っていると考えます。100人が自分の考え方だけを押し付けあっていては、なかなか着地点は見いだせないかもしれません。

教育界にはやや閉鎖的なところがありますので、できるだけ情報はオープンにして、外部の意見も参考にすべきです。しかし情報の中身によっては配慮すべき点もあると思います。

この件については、功罪両面をもう少し考えてみます。

・・・・・・・・・・・・・・

今回のことで、首長と教育委員会の関係がクローズアップされるのではないでしょうか。

教育委員会については来年度から制度が大きく変わり、新たに「教育総合会議」がスタートします。

★教育総合会議について(PDF)

こどもたちの教育や学力に責任を持つのは誰か…。“人財立国”日本のあり方が問われています。

|
|

« メルマガ9月号 | トップページ | ひと月遅れのhappy MOMday »

07.文教・警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/60262975

この記事へのトラックバック一覧です: 首長と教育委員会:

« メルマガ9月号 | トップページ | ひと月遅れのhappy MOMday »