« 決算特別委員会①(退職手当債) | トップページ | 決算特別委員会③(三セク債の活用状況) »

決算特別委員会②(貸借対照表の純資産)

決算審査にあわせてH25年度の財務諸表が提出されました。

★H25年度 静岡県の財務諸表の概要

★H25年度 静岡県の財務諸表

財政課の担当者が苦労して財務諸表を作ってくれますが、なかなか活用ができず、申し訳なく思っています。

今回、「財政健全化を判断する指標の一つとして、貸借対照表の純資産に着目してはどうか」という視点で質問しました。

特に、純資産の部の「財源」のマイナスについてはチェックが必要です。これは資産の形成を伴わない負債によって発生し、最大の要因は臨時財政対策債の増加によるものです。

今回、財政課の職員さんと議論していて、「2-3年後、静岡県は債務超過になる」ことがわかりました。

H25年度の純資産額は6985億円ですが、現在、検討中の統一基準モデルで試算すると、インフラの資産評価額が激減するため、1312億円ほどになるとのことです。

臨財債の発行により、H25年度は「財源」のマイナスが537億円となっており、3年後には純資産を食いつぶしてしまう…ということです。

もっとも、民間企業ではありませんので、県が倒産するわけではありませんが、違和感を禁じえません。

統一基準では、この「財源」が明記されなくなりますので、純資産の中味はわからなくなります。

「総務省が臨財債の発行を続けるために、ワザとわからないようにしているのでは?」との声も聞きます。

財務諸表の見方はさらに研究したいと思います。

|
|

« 決算特別委員会①(退職手当債) | トップページ | 決算特別委員会③(三セク債の活用状況) »

01.総務・行政経営・危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/60684206

この記事へのトラックバック一覧です: 決算特別委員会②(貸借対照表の純資産):

« 決算特別委員会①(退職手当債) | トップページ | 決算特別委員会③(三セク債の活用状況) »