« 人口移動の分析 | トップページ | 利子376億円(当初予算の個人的な見方) »

静岡県まち・ひと・しごと創生本部会議

代表質問初日。ふじのくに県議団からは、佐野愛子政調会長(藤枝市)が登壇、当初予算編成の考え方や人口減少問題、産業政策、観光政策などなど、喫緊の課題を議論しました。

人口減少問題について、昨日開催された「まち・ひと・しごと創生本部会議」が議論した「静岡県版 総合戦略」の紹介がありました。公表された「総合戦略」の骨子は、次のとおりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.地方における安定した雇用を創出する

(1)産業の振興と雇用の創出(産業・雇用)

(2)女性や健康な高齢者が活躍する社会の実現(女性・高齢者)

(3)人口減少下における持続的成長(生産性の向上)

2.地方への新しいひとの流れをつくる

(1)魅力ある教育環境の整備(教育)

(2)交流の拡大と移住・定住の促進(交流・定住)

3.若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる

(1)社会総がかりでの次世代育成の促進(社会全体の取組)

(2)夢を持ち安心して家庭を築ける環境整備(出会い・結婚)

(3)希望出生数をかなえる環境整備(出産)

(4)子育て支援の充実(子育て)

4.時代にあった地域をつくり、安心したくらしを守るとともに、地域と地域を連携する

(1)健康長寿の延伸(健康づくり)

(2)安全・安心な地域づくり(安全・安心)

(3)ライフスタイルの変化への的確な対応(ライフスタイル)

(4)地域社会の活性化(地域社会)

(5)行政運営の効率化・最適化と連携の推進(行政運営)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おおむね、年末に出された「有識者会議」の提言に沿ったものとなっています。

3-(1)「社会総がかりでの次世代育成の促進」の中に「乳幼児と触れあう機会の拡大」という項目がありました。

今回の提案は下記のようなものではありませんが、ぜひともこうした取り組みを進めて欲しいですね。私もPTA役員の頃参加しましたが、こどもたち、いろんなことを学んでくれますよ~。詳しくは下記のブログをご覧ください。

★ふれあいサポートネット ふわっとさんのブログ

「地方創生」の名のもとに、日本中でこの手の議論が進められています。

兵庫県南あわじ市では、来年度当初予算で「保育料の無償化」を打ち出すなど、子育て世代の流入を促進するような策を講じていました。

本県でも市町ごとにできる事業は変わってくるでしょうが、メリハリの利いた施策を進める必要があります。これからの議論の深化に期待したいところです。

今後、産学官金労で構成する「県民会議」、さらに県内5ブロックでの「地域会議」を設置し、秋に向けて議論を深めていきます。実効性の高い戦略を策定してほしいものです。

さらに国からは「地方人口ビジョン」の策定も求められています。2060年を基本として静岡県の将来展望を示すことにしています。

重要なテーマですので、都度、報告していきます。

|
|

« 人口移動の分析 | トップページ | 利子376億円(当初予算の個人的な見方) »

02.企画・文化・観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/61157788

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県まち・ひと・しごと創生本部会議:

« 人口移動の分析 | トップページ | 利子376億円(当初予算の個人的な見方) »