« 静岡県テクノフェアin東京 | トップページ | 2月定例会スタート »

SIM2030

Oodu 以前から気になっていた「SIM2030」を体験しました。

「SIM2030」は架空の自治体を舞台に、今後すべての自治体にのしかかる「インフラ更新」や「扶助費の増」に対応するために、いかに事業のスクラップを行うかをグループワークで体験する2030年までの財政シミュレーションゲームです。

熊本県職員が2年ほど前に考案し、昨今、自治体職員や財政に関心が高い議員の間で話題になっています。今回、熊本県大津町に行き、他市町の職員や議員とともゲームに参加しました。

面白い!です。

・・・と同時に、事業の再構築の難しさや総合計画の大切さを痛感しました。

これ以上書くと“ネタバレ”になりそうなので書きませんが、9年間、行財政改革の勉強をしてきたつもりの私も十分楽しめました。

隣の席はまだ入庁2年目の職員さんで「そもそも財政って何?」って感じだったようですが、それでも一緒に楽しめました。

グループワークにあわせて福岡市財政調整課長の「財政講座」を聴講しましたが、本ゲームとセットでやると、より財政のしくみがわかりやすいと思いました。

静岡県でもやりたい・・・ホントにそう思っています。

|
|

« 静岡県テクノフェアin東京 | トップページ | 2月定例会スタート »

08.行財政改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/63258633

この記事へのトラックバック一覧です: SIM2030:

« 静岡県テクノフェアin東京 | トップページ | 2月定例会スタート »