« 多文化共生の現場 | トップページ | メルマガ8月号 »

地方創生を働く立場で考える

20160802_104413

地方創生の研修会に参加しています。

主催者は連合。働く立場から考えるというのがミソです。働くことは生活に密着しますから、地方創生により仕事をつくり雇用を確保することは、連合にとっても重要な取組ということですね。

基調講演の講師は、宮崎大学地域資源創成学部長の吉田雅彦教授。今年度新しくできた学部に経産省を退官して就任されたとのこと。グローバルかつローカルな視点で、地方創生を検討する観点をご紹介いただきました。

その後はパネル討論。雇用の質、ワークライフバランス、県域を越えた連携などが議論に。特に三重県は知事を先頭にワークライフバランスに積極的に取り組んでおり参考になります。

明日は地方創生総合戦略などをベースに分科会討論です。静岡県の現状と対策をお話しするとともに、他県の情報もいただきながら、今後の施策につなげていきます。

|
|

« 多文化共生の現場 | トップページ | メルマガ8月号 »

13.その他、政治関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/64001357

この記事へのトラックバック一覧です: 地方創生を働く立場で考える:

« 多文化共生の現場 | トップページ | メルマガ8月号 »