« 2017年12月 | トップページ

今より早いときはない

Genpuku1 地元の中学校で行われた成人式に出席。219人の新成人が参加し華やかに行われました。

旧浜松市は中学校区ごとに成人式を行っています。特に私が住む入野中学校区は、ここ数年、学び育った中学校の体育館で開催しています。

“荒れる成人式”というニュースを聞きますが、自分が生まれ、学び、育った地域、学び舎で、昔の仲間と旧交を深めることができるこの地区の成人式は、毎年、新成人の立派な態度とイイ雰囲気の中、行われています。

Genpuku2 来賓あいさつで、徳光卓也浜松市議会議員は“座右の銘”についてお話しされました。

途中マイクを渡され、私からは「今より早いときはない」とお話しさせていただきました。

この言葉は、どこかの有名人の言葉ではなく、学生時代、友人からかけてもらった言葉です。「いつまでもクヨクヨしてないで、気持ちを切り替えて再スタートしよう」。以来、今のような前向きな性格になったかも・・・。

人生100年時代、新成人に伝わったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

火の用心

Waterspray Net Net2 浜松市消防出初式。

1000人を超える浜松市消防隊員と浜松市消防団員が参加し盛大に開催されました。

市民の生命と財産を守るためご尽力いただいているみなさんに心から感謝します。

昨年(H29)の浜松市内の火災発生状況は・・・(カッコ内はH28年)、

 火災件数 212件(166件)

 死者 7人(5人)

 損害額 4億6,910万円(2億5,814万円)

・・・と、一昨年に比べ大幅に増えています。静岡県のデータは後日確認したいと思います。

年末年始も全国でいたましい火事のニュースを見ました。

今一度、火災警報機などの備えを確認するとともに、火元となりそうなリスクをチェックしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

会派マニフェスト検証

2018rainbow 今から3年前、ふじのくに県民クラブ(当時は「ふじのくに県議団」)はマニフェスト(いわゆる選挙公約)「覚悟」を作り、2015年の統一地方選を戦いました。

★覚悟(会派HP)

その後、このマニフェスト「覚悟」は2015年のマニフェスト大賞にも選ばれ、ありがたいことに客観的にも高く評価されました。

★マニフェスト大賞(2015.11.6ブログ記事)

私たちはよくPDCAという言葉を使い、行政の取組を評価していますが、私たち自身もマニフェストの検証を行い「できたのか、できなかったのか」、「どう改善するのか」などを評価していく必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・

6つの条例制定については、残念ながら「○1、△2、✕3」というところです。

「いじめ防止条例」は制定しましたが、「お茶振興条例」、「グローバル人材育成条例」は、会派内プロジェクトチームで検討中に、知事提案で同種の条例が提出され、結局そちらに甘えるカタチに・・・。

「地域文化振興条例」は会派内で検討していますが、あと1年で成案までいけるかどうか…。

「議会基本条例」は他会派との調整がつかず棚上げ。「財政健全化条例」は事務局(私)が素案を作ったものの会派内の議論が深まらず、難しい状況です。

・・・・・・・・・・・・・・・

政策体系シートは現在検証中ですが、多くの人に見てもらって、いろんなご指摘をいただいたほうが良いと思い、一部をアップします。ご意見をお聞かせください。

★政策体系シート抜粋(PDF)

【写真は佐鳴湖で行われた出初式の風景。本文とは全く関係ありませんがなかなかステキでしょ(^^)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新春に思う

2018sunrise

「1年の計は元旦にあり」と申します。みなさまの“今年の計”は何でしょうか?充実した年になりますようご祈念申し上げます。

静岡県は2018年度からの“10年の計”となる「静岡県総合計画」の策定を進めています。

「安全・安心な地域づくり」「未来を担う人材の育成」「豊かな暮らしの実現」「魅力の発信と交流の拡大」を4つの基本方向とし、県民幸福度の最大化を目指すべく、議会の議論をはじめ、審議会やパブリックコメントなどで県民のみなさんから意見を聞き検討しています。

私が議員になってからの10年前、人口減少、グローバル化、IT化など社会は大きく変わりました。一方、地震防災対策やセーフティネットの充実など住民の命を守るという行政の使命は一層の強化が求められるようになりました。

世界に目を向けると人口増加、食糧問題、エネルギー問題、地球温暖化、テクノロジー進展に伴うAIやフィンテックの導入等々、ものすごい勢いで複雑化、多様化が進んでいます。国連が定めるSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)もあります。次の10年はこうした時代潮流を踏まえる必要があります。

こうした時こそ私は、現状の延長線で考えるのでなく、あるべき姿を見据えた“バックキャスティング”の発想が必要と考えています。「守るべきものを守り、変えるべきものを果敢に変えていく」。こうした気概を持って進めていきます。

私の今年の計は「現場主義」。これまで以上に「現場・現実・現物」をよく見聴きし、将来を見据えて政策実現につなげていきます。今年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年12月 | トップページ