« 1 地方創生総合戦略 (1)進捗評価 | トップページ | 1 地方創生総合戦略 (3)社会減対策の取り組み ①実学の奨励と地域人材の育成 »

1 地方創生総合戦略 (2)若者の声を生かす仕組み

Dsc_8821_2<田口>

県の将来を考えるにあたり、その時代の中心世代となる今の若者に将来を考えてもらい、声を政策に反映することが大切。

若者に政治に関心を持ってもらうためには、情報を伝えるだけなく、政策決定に参画してもらう機会を増やすことが必要。

これまでの若者の県政参画の評価と今後の方向性についてうかがう。

<杉山経営管理部長>

次代を担う若者たちによる県民会議から「若者が望む社会のあり方」に関する提言をいただいたほか、事業レビューにおいて若者参加枠を設定するなど施策や事業への反映に努めてきた。

3月に策定した「行政経営革新プログラム」では施策・事業の構築や見直しで更なる若者参加を促進することを重点取組の一つに掲げた。県の審議会への若者委員の選任拡大などを検討し県政への参画機会を充実していく。

|
|

« 1 地方創生総合戦略 (1)進捗評価 | トップページ | 1 地方創生総合戦略 (3)社会減対策の取り組み ①実学の奨励と地域人材の育成 »

01.総務・行政経営・危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187245/66907346

この記事へのトラックバック一覧です: 1 地方創生総合戦略 (2)若者の声を生かす仕組み:

« 1 地方創生総合戦略 (1)進捗評価 | トップページ | 1 地方創生総合戦略 (3)社会減対策の取り組み ①実学の奨励と地域人材の育成 »