将棋名人戦in浜松(2/4)

午前中は文教消防委員会。

航空自衛隊浜松基地の騒音区域見直し、インフルエンザによる学級閉鎖の状況などが報告されました。マスコミ報道でもインフルエンザの罹患者が増えているようです。浜松市内は、まだ県全体の水準より低いようですが、手洗い、うがいに加えて、“せきエチケット”もお忘れなく。

報告事項のひとつに「浜松市制100周年記念 第69期名人戦」の開催がありました。

このイベント、4/20(水)-21(木)に、浜松城公園内にある茶室「松韻亭」を舞台に行われます(7番勝負の第2局)。

羽生永世名人に挑戦するのは果たして誰か?A級順位戦も最終盤を迎え、渡辺竜王か森内九段に絞られたようですが、興味がありますね。

★日本将棋連盟のサイト

私も長く人との対局をしていませんが(最近はもっぱらパソコンゲームばかり)、以前はよくヘボ将棋を指したものです。時間があれば、ぜひ大盤解説なども見に行きたいと思います。

名人戦に先立ち、4/17(日)に、小中学生を対象に「将棋大会」が開催されます。TVゲームばかりでなく、こうした知的ゲームにも目を向けてほしいですね。

午後は行革特別委員会の勉強会。

正式な委員会ではありませんが、フラワーパークとフルーツパークの方向性について勉強する予定です。事前配布された資料を見た限りでは、まだ納得できない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金銀装円頭大刀(1/13)

Cimg64911 「金銀装円頭大刀(きんぎんそう えんとう たち)」が、今日の「文教消防委員会」にお目見えしました。

柄(つか)は、楓(かえで)属の木材に彫刻を施し、金や銀の板を押しあてて模様を立体的に表現しています(金色の部分は金、黒い部分が銀。クリックすると拡大します。ぜひご覧ください)。

「大刀(たち)」は見なれない漢字ですが、古墳時代の太刀(たち)をこのように表記するようです。

Cimg64891_2全長79.5cmのこの大刀、6世紀前半に朝鮮半島で製作された可能性が高く、このような技法で双龍文が表現された円頭大刀は国内唯一とのこと。将来的には、県や国の指定も受けられそうな逸品です。

出土したのは中区森田町の「鳥居松遺跡」。伊場遺跡からほど近いこの地には、かつて川が流れており、儀礼の一部として装飾大刀を沈めたものと思われます(「千と千尋の神隠し」の「ハク」を思い出します)。

浜松市博物館は現在改装中ですが、3/19のリニューアルオープン以降、博物館の目玉のひとつになるのではないでしょうか。

写真は委員会終了後に撮影させていただきましたが、今後はこんなに間近で見られることはまずないんでしょうね・・・。考古学者を夢見ていた子どもの頃の感動がよみがえりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の委員会では、このほか、平成23年度から26年度の「第2次浜松市教育総合計画(案)」、「舞阪文化センター廃止計画」などが審議されました。

「教育総合計画」は多くの人に見てもらいたいと思います。

「舞阪文化センター」は3年計画で機能の一部をお隣の「地域自治センター(旧舞阪町舎)」に移転します。「地域自治センター」は空きスペースも多いことから、既存施設の有効活用となります。

また施設の統廃合計画は、今後、さらに進みます。既存施設の有効活用と全体最適が肝要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

流通元町図書館(1/6)

20110106_1025 東区役所の隣にある「総合産業展示館 北館」に、市内で23番目になる「流通元町図書館」が開館。

子ども向けの蔵書が充実しています。また「俳句」に関するコーナーも充実しており、私もしばし書を片手に楽しませていただきました。

蔵書が少なく規模が小さいとの声もありますが、既存の施設をうまく活用したこの図書館、「ファシリティマネジメント」の一環ともいえます。

財源がない中での施設の有効活用と市民サービスの向上。今後、こうした事例はますます増えていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

音楽の都の基盤づくり(11/16)

Koh20101116 写真はアクトシティ中ホール。入野中学校の合唱コンクールのワンシーンです。

「火伏せの集い」と名づけられたこのイベント、3年に1回、アクトシティで行われています。今日は午前中の1・2年生には行けませんでしたが、午後の3年生の演奏を聴くことができました。

クラスごとの合唱、吹奏楽部の演奏、そして生徒全員によるフィナーレ(「キセキ」の合唱)と、ホールに響くハーモニーに思わず「感動」でした。

多感な中学生時代に、こうしたすばらしいホールで自分たちのハーモニーを味わえるのは、まさに「音楽の都・浜松」ならではですよね。

Cimg6327(吹奏楽部の演奏に「福市長」が乱入!?)

浜松市では、市内の全中学校が、3年に1回(生徒在校中に1回)、ホールで演奏できるよう会場費や交通費を支援しています。

入野中学校では、中学校の体育館や「はまホール」「アクトシティ」でコンクールを行っていますが、ウラを返せば3年に2回は学校独自に負担しているということです。

先月の決算審査特別委員会で、この事業をもっと拡充しても良いのではないか、との発言がありました。

同感ですね~。「音楽の都」の基盤は、こうした感動を味わえる場をつくることから始まると思います。

20061119_2333下の写真は私の大学時代のワンショット(東京文化会館)。

よく体育会系に見られるのですが実は合唱部です。前列で一番女性に近いのが私。テノールのパートリーダーだったんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イベントの秋(11/8)

Cimg6297この写真は、土曜日にガーデンパークで開催された「浜松地区中学校駅伝競争大会」。男子のスタートシーンです。

浜松市、湖西市の51校が参加し「熱い走り」を見せてくれました。

「駅伝」ってホントに魅力がありますよね。たすきに想いを託して仲間につないでいく・・・、どのチームからも一所懸命さが伝わってきて、なかなかの感動モノでした。

日曜日は県内の高校生の大会や、大学駅伝もありましたが、これからのシーズン、ワクワクドキドキさせてくれますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20101107_1017_0001 次の写真は、日曜日に入野公民館で行われた「福祉まつり」。入野地区社会福祉協議会の設立15周年を記念し、盛大に開催されました。

入野地区社協は、その活動が認められ、このほど全国表彰を受けました。

「自分たちの地域は自分たちで守っていこう」という地域のみなさんの熱い想いに支えられているこの活動。こうした「ご近所の底力」がこれまでの日本を支えてきたんですよね~。次の世代にしっかりと受け継いでいきたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sanarucup 最後は「さなるチャレンジカップ」。「さなるスポーツ少年団サッカー部」と「佐鳴台サッカー少年団」さんの共催で、雄踏町にある亀崎グラウンドで土日の2日間かけて行われました。

16チームで行われたこの大会、浜松近郊だけでなく、伊豆の国市や長岡京市(京都府)からも参加してくださいました。決勝戦は延長~PK戦の熱い戦いで、思わず感動・・・でした。

我が家の長男、二男も「さなるサッカー」のお世話になり、長男のときは県大会進出、二男のときは惜しくもあと1勝に泣き県大会を逃しましたが、親子ともどもイイ思い出を作ってくれました。

何か恩返しができればと、今も団のお手伝いをしています(もっぱら飲み会要員ですが・・・^^;)。

いろんな人の「熱い想い」を感じた週末でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

だっこでギュッ!(11/2)

Prepmama_prepapa_2 入野中学校で「プレママ プレパパ だっこでギュッ!」が行われました。

中学3年生を対象にしたこの活動、赤ちゃんとふれあうことにより、「命の大切さ」や「親子のかかわり」などを感じてもらう入中の恒例行事です。

私も数年前から参加していますが、イタズラ小僧が目をキラキラさせて赤ちゃんをあやしている姿を見ると、こどもたちの真のすがた(素直な心)が感じられ、いじめや不登校など今の学校を取り巻く殺伐とした課題がウソのように思えてきます。

こうした取り組みが学校教育の場を変えていくんじゃないか・・・そんな気がします。

みなさんの学校、PTAでも取り上げてみませんか?

★ふわっとさんの紹介(浜松市西区つなぐひと人マップ)

★2年前の記事(PTA会長として運営に携わりました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

文教消防委員会(10/12)

Cimg6137 浜松市議会には、「総務委員会」「厚生保健委員会」「建設委員会」「環境経済委員会」「文教消防委員会」の5つの常任委員会があります。

私は今年、文教消防委員会の副委員長をやっています。

今日は、市が所管するスポーツ施設のひとつ「天竜漕艇(そうてい)場」に行き、過日の豪雨で補修が必要になった設備の状況を視察しました(被害は写真にあるブイや、ブイを固定してあるワイヤーが流出したというもの)。

自然が相手ですので課題解決は素人目には難しいのですが、製造業ならではの「5WHY」などの手法を駆使して、施設管理を行えないものか・・・と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「文教消防委員会」では、明日から「北九州市」「福岡県八女市」「岐阜市」を視察にいきます。文芸施設や道徳教育、特別支援学校の調査を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

書道ガールズ 青い青い空(10/4)

Cimg6129 「書道heartガールズ 青い青い空」の公開がいよいよ今週末に迫ってきました(10/9~TOHOシネマズ)。

浜松を舞台にした貴重な映画です。ウチの子どもも “エキストラ”で、はまホールに行きました。

「フィルムコミッション」は地域活性化の大きな素材のひとつです。浜松市民のみなさんに積極的に見ていただくことで、市外へのシティプロモーションにつながります。

もう前売券(定価1800円のところ1300円)は購入されましたか?

私も“浜松のセールスマン”として宣伝・応援しています。未購入の方は、私も前売券を持っていますので、ぜひどうぞ・・・^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★映画 書道 ガールズ『青い青い空』

  http://www.shodogirls.jp/top.html
  
  浜松・浜名湖が舞台。産官学民協働プロジェクト
  現代の心の絆をつなぐ、涙と感動の青春物語。

  ≪10月9日(土)~  浜松先行上映≫

 主催  :書道 ガールズ実行委員会

■ 舞台挨拶スケジュール(10/9~10/11)
      【TOHOシネマズ 浜松】
       ・8:30からの上映終了後 
       ・11:35からの上映前
       ・14:35からの上映終了後
       ・17:40からの上映前
      【TOHOシネマズ サンストリート浜北】
       ・12:15からの上映終了後
       ・15:30からの上映前

    詳しくは、TOHOシネマズホームページをご覧ください。

■ 舞台挨拶ゲスト

10月9日(土)
     相葉香凛、草刈麻有、田辺愛美、平沢いずみ、橋本わかな(予定)
10月10日(日)・10月11日(月・祝)
     相葉香凛、田辺愛美、平沢いずみ、橋本わかな(予定)、ミシェル、冨田佳輔(予定)

■ 10月12日以降の上映スケジュール
   10月12日以降の上映スケジュールは、劇場のホームページでご確認ください。

前売券は、両劇場ともに上映日の2日前から指定席に変更することができます。座席があれば当日変更可能ですが、手続きはお早めにどうぞ。

なお、10/9~11の座席指定手続きはすでに行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の1日(10/3)

Irikoren 写真は入野地区子ども会連合会の球技大会。

年2回の大会で74回目となります。ソフトボール8チーム、ポートボール7チームで開催されました。

37年もの長きにわたって続いているこの大会、少子化や趣味の多様化などで子ども会の運営が厳しくなる中、なかなかすばらしいと思いませんか?

Cimg6124 その後は、入野地区戦没者慰霊祭へ。

入野町八幡神社の忠霊殿には132人の戦没者が祭られています。

遺影を拝見しましたが、中にはあどけなさの残る若者の写真も・・・。そうした方々のおかげで今の私たちは生きています。

Cimg6125 午後は「引っ越し」、・・・といっても自宅ではありません。

私の「くらしの相談室」がある「スズキ労働組合会館」が、元あった場所に新築されました。

住所は、浜松市南区増楽町20。電話・FAX・E-mailは変わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アート・ルネッサンス(10/2)

1021 午後は久々のOFF。

浜松市美術館で行われている「20世紀フランス絵画の美」を見に行きました。

その後、浜松城公園を散策。

天守閣は、最近の歴史ブームのおかげでしょうか、けっこうにぎわっていました。

1022 海外からのお客様もいらっしゃいました。

尖閣問題などありますが、インバウンド事業は大切ですね。

1023 見回すと芝生広場におもしろい展示がありました。

「アート・ルネッサンス in はままつ」を開催しているとのこと。

102410/11まで、「ゆりの木通り」や「肴町」などでさまざまなアートイベントを行っているようです(今日は行く時間はありませんでしたが・・・^^;)。瀬戸内や名古屋に負けない、特徴ある創造都市づくりを進めたいですね~。

【上は「元城小学校」、下は「浜松学芸高校」の作品】

Cimg6106夕食は「手作り餃子」。

私もいくつか作りました(^^;)

アートではありませんので、カタチは悪いですが、愛情たっぷりです。

Cimg6107市販の「浜松餃子」もおいしいですが、手作りも楽しいものですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧