トヨタ生産方式を自治体に導入

20170322_190617 福島県内視察2日目。午前中は伊達市を訪問。「DTI」の取組を聞きました。

いきなりですがクイズです。

伊達市は日本に2つあります。もう一つは北海道伊達市ですが、こんなケースは珍しいですよね。

ちなみに同名の市はもうひとつありますがどこでしょうか?(答は最下段)

Dsc_4290 福島県伊達市は仙台藩伊達家の発祥の地だとのこと。写真のキャラクターが市役所入口でデンと迎えてくれました。

「政宗ダテニクル」というアニメのキャラだそうでYouTubeで見ることができるようです。いろんな地域おこしがあるもんですね~^^;

★政宗ダテニクル(伊達市のサイト)

さて本題の「DTI」。トヨタ生産方式(以下TPS)を導入した改善活動で「DATE TASK INNOVATION」の略称です。

この取組も昨日同様、「行革甲子園」で知りました。伊達市の取組は優秀事例として当日発表され、レセプションで職員さんとお話させていただいており、ぜひ伺いたいと思っていたところでした。

導入は就任前に民間企業の工場長としてTPSによる改善業務に携わっていた市長の強いリーダーシップによるもので、TPSに精通したコンサルタントに定期的に指導を受けているとのこと。“現場実査”もやっています。

「5S」ならぬ「3S5T」で職場もキレイです。3Sは「整理・整頓・清掃」、5Tは「定位・定品・定量・定路・定色」で、5Tは整頓のルールと言えそうです。

また係単位で「業務洗出し表」を作成し、事務事業を細分化し事務単位での工数を把握しています。ここまでやるのはなかなかのものかと…。静岡県もH11年頃(?)から「業務棚卸表」を作っていましたが、いまでは事務事業単位で工数もエエカゲンになっています。

さらにこの「業務洗出し表」を分析し「作業手順書」を作成、業務のムダをなくしています。

ここまでやるのは外部人材がいればこそですね。職員だけではなかなかこうはいかないでしょう。この徹底が「DTI」のすごいところです。

静岡県も外部人材のアドバイスをもらって働き方改革を進めるべきですね。

午後は福島県庁で「震災復旧復興事業」の概要や避難者支援、福島第一原発の状況、広域避難計画などについてうかがいました。ボリュームたっぷりでまとめきれません。

とりあえず資料をご紹介します。

★ふくしま復興ステーション

明日は南相馬市へ行きます。

【冒頭クイズの答 府中市(東京都と広島県)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)

20170321_180445

議会が閉会したので早速来年度の取組に向け視察に出ています。今日は福島県郡山市を訪問。ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)の取組をヒアリングしました。

BPRは事業目的達成のための手段を最適化することです(詳しい説明は検索してご覧ください)。

県庁でいえば県民サービス最適化のために業務を見直すことで、私は特に県民サービスに直結しない庁内業務を見直すべきだと思っています。

郡山市の取組を知ったのは、昨年11月の「行革甲子園」です。当日発表はありませんでしたが、愛媛県のHPで資料を拝見したのがきっかけです(★愛媛県行革甲子園2016)。

現在、「働き方改革」とか「ワーク・ライフ・バランス」が取り上げられていますが、そのための実務的手法と言ってよいと思います。

すなわち、自分たちの業務プロセスを見える化して評価し、ネックとなっている工程や重複している工程を簡素化するということです。民間企業のカイゼンに近い考え方で取り組んでいました。

郡山市は特に「庁内共通の業務」にスポットを当て、例えば庁内会議の見直し、庁内研修会・セミナーの見直し、また部門間の照会事項の見直し等に取り組んでいます。これらによって間接業務の削減を図り、各課の本来業務に取り組む時間のウエイトを高くしようということです。

この結果をもとに、まさに今日「郡山市STANDARD」という方針を公表したとのこと(写真)。外部者で初めて拝見することができました。

このほか課題としては「PDCA」や「歳入歳出」の業務量が挙げられていましたが、これらは継続して検討していくとのこと。「PDCA」は私も複雑化していると懸念していますので今後の取組を見させていただこうと思います。

ところで「庁内共通の業務」で最も時間を要する業務は何だと思います?こたえは「議会対応」とのこと。“民主主義のコスト”とはいうものの耳が痛いところです。

なかなか面白い取り組みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

財政認識の共有化と県民参加(一般質問1-⑥)

<質問>

人口減少社会を迎え、財政はますます厳しくなる。県民に、現実を知ってもらうためには、適切な情報公開が必要。県はHPで財務情報を公開しているが分かりづらい。行財政改革大綱では「県民参加」をうたっているが、財政危機意識を県民と共有化し理解を深めるべき。

<答弁・伊藤経営管理部長>

国や県の財政が一段と厳しさを増す中、財政状況を県民の皆様に一層のご理解をいただくことは極めて重要。次期行財政改革大綱の策定に向け、出前講座の活用など具体的な方策を検討し実行するなど、持続的な財政運営を図るための経済性のあり方について共通認識をもって進められるよう県民参加の推進に努める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

市町との連携による公共施設の資産経営(一般質問1-⑤)

<質問>

統一的な基準による地方公会計の導入により、固定資産台帳が整備される。また県内全市町で「公共施設等総合管理計画」が策定される。公共施設データの可視化、共有化を進め、県と市町また市町どうしが連携し、施設の統廃合などの取り組みに着手すべき。

<答弁・伊藤経営管理部長>

公共施設の資産経営は各自治体が自らの施設で取り組むことが基本。その上で類似施設等の最適化を図る等広域的な連携が重要になる。施設情報や資産経営に関する取組の共有化は、将来的に自治体の枠を超えた公共施設の最適配置検討など総量適正化の議論の素地となるため、引き続き、ファシリティマネジメント研究会で推進していく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

統一的な基準による地方公会計の活用(一般質問1-④)

<質問>

公会計改革についてはこれまでも活用方法が課題とされてきた。今後、他団体との比較が可能になり、県内市町の財務状況が俯瞰できるようになる。県内市町とともに、新制度の活用を推進していくべき。

<答弁・森政策企画部長>

新たに導入する地方公会計を予算編成等に有効活用し、行政サービスの効率化や公共施設の最適化等に賢く使うことは重要で、県内市町とともに積極的な活用を推進していく必要がある。県では財務諸表の知識や新制度の理解を深めるため研修会を開催し、市町と連携し新制度の積極的な活用を推進する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

定員管理(一般質問1-③)

<質問>

行財政改革大綱の見直しでは、職員定数の指標(定数削減)をなくし、総労働時間の管理に置き換えることを議論しているが、現在「事業の廃止」を進めており、指標をなくすべきではない。

<答弁・伊藤経営管理部長>

平成9年度から28年度の20年間で1472人の職員を削減したが、ここ数年、時間外勤務が右肩上がりで増加し、職員の削減が行政コストの削減につながっていない。今年度、全業務廃止を含めた見直しを行い上半期の時間外は減少した。行財政改革大綱では「職員削減数」を改め「総労働時間の抑制」を新たな指標とすることを予定している。

<再質問>

定員管理の旗を降ろすのは行革の後退につながりかねない。これから先を見すえてやる必要がある。

<再答弁>

業務、事業を見直す中でまずは職員の過重労働を解消し、めどがついたら定員管理について削減目標についてあり方を検討したい。

<意見> 将来のことを考えれば、旗を降ろすべきではないということを強く言っておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

行政経営システムの見直し(一般質問1-②)

<質問>

県の行政経営システムは以前に比べ、評価制度が複雑になった。「業務棚卸表」から移行した「施策展開表」を基本にしていたが、今では「総合計画」や「分野別計画」の評価、さらに「総合戦略」の評価が加わった。簡素化を図るべき。

<答弁・伊藤経営管理部長>

総合計画の分野別計画は実行計画として政策推進の役割を果たしているが、総合計画との関係の整理が十分ではなく見直す余地がある。総合計画と施策展開表もさらなる効率化に努めていく。こうしたシステムの簡素化も含め全庁的な生産性向上に取り組んでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今後の行財政改革の進め方と目標設定(一般質問1-①)

Dsc_31041 <質問>

県政世論調査では「県が行っている行財政改革の取組について知っているか?」という設問に対し、「よく知っている」と「言葉は知っており、取組も少しは知っている」と答えた県民は15.1%、一方「あまり知らない・全く知らない」は80.5%となっており、多くの県民には行財政改革の取組が見えていない。

財政状況はこれまで以上に厳しく職員のコスト意識や行財政改革意識を高める必要がある。 行財政改革を推進していくために「バックキャスティング」による目標設定を考えるべき。「バックキャスティング」は、将来像を踏まえて、今何をやるべきかを考える思考方法。2060年の県の人口が305万人とされる中、10年20年先のあるべき姿をめざして目標を設定すべき。

Dsc_31211 <答弁・川勝知事>

世界から憧れを呼ぶ「ジャパニーズ・ドリームの理想郷」“ふじのくに”の実現に向けた新たな施策を展開する。その実現のために、行財政改革においても限られた財源と人員を最大限活用し、県民や民間と協働・連携し地域を支える基盤づくりを推進することが重要。

平成29年度は、新たな「総合計画」と「行財政改革大綱」の策定を視野に入れる時期であり、現大綱の成果や取組状況をしっかり評価し、次期大綱期間中に実施すべき行財政改革の戦略を、バックキャスティングの発想を踏まえて検討し、行財政改革を推進する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

砥部町の公会計改革

Img_20161103_210707 松山市のお隣、人口21000人余の砥部(とべ)町を訪問しました。

砥部町を知らない人は多いと思いますが、この町は、財務情報を活用して住民への説明をしっかりやっている日本一の町ではないでしょうか。

★財政情報のページ(砥部町HP)

お話をうかがった職員さんとは、前夜の「行革甲子園」後のパーティでもお会いしました。財政が厳しくなる中、将来に向けて持続可能な町を作ることにとても「熱」を持った職員さんでした。

お話しいただいた資料は上記ページのうち、「公会計砥部町の取り組みとプロジェクトチームの活動」にある「★公会計をもっと身近にのPDFデータ」。これをベースに幅広く教えていただきました。

みなさまもぜひ上記リンク先をご覧いただきたいと思います。

まず財政情報(予算・決算・財務諸表)は、「ページそのものをアニュアルレポートに仕立てた」と書いてるとおり相当な情報量があります。

このページだけではわかりませんが、リンク先を見るとインタビューやイラストを使った資料など工夫が見られます。

次の「まちづくり体験塾~バランスシート探検隊、SIM2030~」は、住民参加型の財政講座です。非常にわかりやすいと思います。私も県内でやってみたいと思っています。

3つめの「公会計砥部町の取り組みとプロジェクトチームの活動」をみると、9月23日に「静岡県で砥部町の取り組みを紹介」とあります。

菊川市さんが呼びかけて周辺市町と県職員も参加したとのこと。参加した県職員に感想を聞かなきゃいけませんね。

写真は「砥部焼」の蕎麦猪口。キレイでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

行革甲子園

Img_20161103 愛媛県主催で行われたユニークな取り組みを視察しました。

その名も「行革甲子園」。全国の行革事例の発表大会です。

愛媛県では、過去2回、市町振興課主催で、県内市町を対象に行革の発表会をおこなっていました。

今年は初の全国大会。担当者は「事例が集まるかなぁ…」とヒヤヒヤしていたということでしたが、110の自治体から104事例の応募があり、熱い反響に驚いた様子でした。

当日はその中からノミネートされた8事例が発表されました(発表順)。

①大阪府池田市

 総合窓口の設置から窓口業務の民間委託へ~職員による詳細な業務分析に基づき最適な窓口業務を実現~

②大分市 大分県

 全国初!広域連携による公衆無線LANの整備と認証連携

③北見市 北海道

 「書かなくていいの?」~証明書の申請をかんたん・スピーディに~

④京都市 京都府

 学校跡地活用の促進

⑤福島県伊達市 

 DTI≪DATE TASK INNOVATION≫ 終わりなき革新~『トヨタ生産方式』を市役所行政へ~

⑥鹿児島県長島町

 ぶり奨学プログラム

⑦神奈川県葉山町

 葉山町きれいな資源ステーション協働プロジェクト

⑧愛媛県松山市

 下水処理場の未利用エネルギー有効活用による歳入増加策

グランプリには北海道北見市が選ばれました。

市役所窓口で取り扱う税や住民票などの申請書類を、住民と話しながら職員が作り、最後に署名をお願いするというもの。

こう聞くだけでは時間がかかりそうですが、実際にやってみると、こっちの方が早いということ。

ケータイショップの手続きをイメージしていただければと思います。

発表には窓口業務を担当していた職員さんも来ていましたが、常にカイゼンし、今に至っているということでした。

これはどこでもできます。そこがグランプリに評価されたようです。

基礎自治体の取り組みが中心ではありますが、その他の発表も参考になるものがたくさんありました。発表事例の資料と110の事例リストはすでにアップされています。

当日の発表資料(パワーポイント)は後日アップされる予定と聞きましたのでご覧ください。

★行革甲子園(愛媛県市町振興課)

主催者の愛媛県 中村 時広 知事は、「三位一体改革をはじめ地方自治体は行革を続けてきた」。「やらされ仕事とやってみたい仕事、どっちがイイかは明らか」。「行革も、知恵の出しあい、工夫のしあいにすべき」。「楽しみながらやってみたら?」と述べていましたが、私もそう思います。

業務の見直しが結果的にコストダウンや生産性向上につながる・・・、そんな改革・カイゼンを進めて欲しいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、発表に先立って行われた 元サッカー日本代表監督 岡田 武史 氏の講演。今治でサッカーによる町おこしに取り組んでいるようです。サッカーを例に目指すべき組織像をお話しされました。

キーワードは「Enjoy , Our team , Concentration , Do your best , Improve , Communication」。

エンジョイ=リスクを自分の責任で背負うこと。そうでないと前に進まない。言われた通りやってるだけでは面白くない。

自分たちのチーム=誰かのチームではない。自分の役割だけやっていればいいわけではない。0-1ラスト10分は非常時。倒産寸前の会社と同じ。バックも攻めなきゃダメ。経理も営業しなきゃダメ。

集中=今できることをやる。口で言ってるだけじゃダメ。

勝つためにベストをつくす=負けてもいいと思っていたら結果が良くても何も身につかない。勝とうと思って負けても次につながる。

進歩=上のレベルをめざすときには、いったん下がることもある。くじけるな。

コミュニケーション=常に部下に目配りする。最後はTOPの覚悟。答えがわからないことを決断する。

これらを意識し、個々人に“スイッチ”を入れる組織を作れ!

イイ話を聞けました。やっぱ一流はスゴイわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧